iPhone修理やバッテリー交換を
赤坂でお探しならスマップル赤坂店

header_logo.png
赤坂店03-6441-3885
営業時間11:00 ~ 20:00
iPhone修理を赤坂でお探しなら、赤坂駅より徒歩1分のスマップル赤坂店へ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

top-banner-pc.webp

iPhoneのバッテリーって充電しすぎたらだめ?

iPhoneの動力源は”リチウムイオンバッテリー”といいますが、当店にご来店なさるお客様方の多くはリチウムイオンバッテリーのことを認知していらっしゃいます。電池といえばアルカリ、マンガン、リチウム、なんて具合でしょうか。

ただし、リチウムイオンバッテリーがアルカリ乾電池などとは違うということはなんとなく理解できても、ニッケル水素乾電池のように繰り返し充電ができるポイントが同じものが現れると、何がどう違うかまで説明できないと思います。リチウムイオンバッテリーの特性を理解すれば、「とにかく充電は満タンになる前に止めなきゃ」という噂を盲信せずに済みます。

 

充電し過ぎはNG?

充電のやりすぎはたしかによくありません。リチウムイオンバッテリーにとって過充電は電池の芯の部分の劣化を促進する作用があります。しかしこれにはメーカー側も対策を打っています

iPhoneを使用する習慣をiPhone自身に学習させ、充電を満タンにするタイミングを調整させているのです。「設定アプリ」から「バッテリー」の「バッテリーの状態」内に満タン充電のタイミングをずらすかどうかを決められるスイッチがあります。

バッテリー充電の最適化

何年も前から「いたわり充電」という充電方法があります。携帯側で基本機能としてオンになっていることが多いです。リチウムイオンバッテリーの過充電問題を和らげることが目的です。いたわり充電が究極の形をとれば、いまご紹介している「学習して満タンまで充電をストップする」という機能に行き着くでしょう。規則正しい生活をすればiPhoneも健康を維持できるということです。

 

リチウムイオンバッテリーは危険?

過去にスマホのバッテリーは発火するとか爆発すると恐れられた事故がありました。リチウムイオンバッテリーが反応しすぎるような条件はぱっと思いつくだけでみっつあります。

・急激な圧力が加わる

・高温にさらされる

・金属で刺す

急激な圧力が加わると、発煙、発熱、赤熱反応を起こすことがあります。例えばバッテリーをグッと曲げたりしたときです。

高温にさらされたときも変形や破裂などの危険があります。過去に起きたスマホ爆発はロジックボードの発熱とバッテリーの発熱が合わさって起こってしまったのではなかろうかと推測しています。

金属で刺された場合もリチウムイオンバッテリーは発煙します。バッテリー交換作業は細心の注意を払って行われています。

 

電池に回路がついている

リチウムイオンバッテリーは普通の乾電池と違い、回路がくっついた状態がスタンダードです。充電回数や温度管理を行う回路がついていることがほとんどです。その他、設計されたときの最大容量や現在の最大容量を記録しています。
これらの回路によって、バッテリーが発熱することを防いだり、パワー不足の予期せぬシャットダウンからiPhoneのロジックボードを守ることに一役買っています。

 

PSEマーク

iPhoneのバッテリーを日本国内で製造・販売するには電気用品安全法によってPSEマークと事業者名、定格容量&定格電圧の記載が義務付けられています。

PSEマークはProduct+Safety+Electrical appliance & materialsの略です。電化製品の安全を示すマークなので、最近の製品でPSEマークがついていないものは基本的にありません。もしもついていない製品があればよっぽどレトロな電化製品か、製造販売の許認可を得られなかった掟破りの製品ということになります。

 

まとめ

リチウムイオンバッテリーを充電しすぎるのはNGですが、いたわり充電やタイミングずらし充電の機能のおかげで「過充電」という現象は起こりづらくなっています。あまりこだわりすぎてストレスになってはいけませんので、気づいたときに充電器を外してあげるくらいで問題ないですよ。

カテゴリ:お役立ち情報投稿日:2021-11-28

お問い合わせスマップルへの修理予約&お問い合わせ

shop_info.jpg
店舗名スマップル赤坂店
営業時間11:00 ~ 20:00
TEL03-6441-3885
住所〒107-0052
東京都港区赤坂6丁目3番19号
オリオンビル1階
スマップルは、総務省登録修理業者です。
電気通信事業法:T000092 / 電波法:R000092
スマップル赤坂店への道順

お知らせ

修理ブログ

iPhoneの液晶割れは見えない場所で起こっているかも。
iPhoneの画面の故障、それはガラスが割れているかだけではありません。水が浸入して水の跡が映ってしまったり、タッチが効かなくなってしまう、画面が映らない、画面が外れかけているなどは十分にありえます。どれもが起きてしまう […]
2024-07-15
画面のタッチに異常が出てる範囲を特定して画面修理。
iPhoneでタッチに問題が起きているだろうけど、見た目は何にも問題ないということがあります。画面が割れてしまっているのであれば、納得出来るのかもしれませんが、何にもなっていないと発見が遅れてしまうこともあるでしょう。フ […]
2024-07-13
iPhone故障修理の最終手段があるかも⁉
iPhoneの画面故障などのパーツではない重大な故障となった時、皆さんはどうしていますか?キチンとバックアップが取れているのであれば、問題ないのでしょうが、そうではない場合、iCloudの容量がいっぱいなのを放置している […]
2024-07-12
iPhoneが濡れる場所にはご用心。
早くも海での水没という事態が起きてきているようです。最近では梅雨入りしてか、大雨の日も多く、iPhoneの水没に困っている方も増えてきてしまっているようです。最近のiPhoneは防水機種ではないのか⁉確かに […]
2024-07-01
iPhoneの画面割れで、誤入力にご用心。
iPhoneの画面故障の際に気を付けておきたいのが、タッチ問題でしょう。自分が触れたところではない場所が反応してしまう、iPhoneに触れてもいないのに勝手に動き出してしまうゴーストタッチ。コレには注意が必要です。なぜな […]
2024-06-29

お役立ち情報

ちょっと気が早い様なiPhoneSE4の噂話
iPhoneSEの噂、iPhoneSEシリーズといえば新機種の発売から半年が経った頃、大体3~5月くらいにかけて発売される可能性のある廉価モデルのような立ち位置となる機種になります。現在ではiPhoneSE3が最新とはな […]
2024-06-25
iPhoneXSは耐えた、もう1年使えるドン。
昨年iPhone15シリーズの発売と同時期にiOSのアップデートがやってきました。現在最新までアップデートをしていればiOS17となっていることでしょう。そこからiPhoneXとiPhone8シリーズ(iPhone8・i […]
2024-06-13
iPhone16Proの画面の噂
iPhone新機種の情報ともなれば、結構気になってくるもので、今年だとあと3ヶ月程度でアップルからiPhone16の発表があるのではないでしょうか。私も現在iPhone14をしようしているので、機種変更をするのか悩みどこ […]
2024-06-03
iPhoneのメモ機能を便利に使うには⁉
iPhoneの「メモ」で定番の機能ではあるのですが、結構知らなかったり、使っていない方もいらっしゃるでしょう。今回はそんな便利機能をご紹介できたらと思います。iPhoneの中でも元からインストールされている「メモ」のアプ […]
2024-05-17
充電器が折れて中に残ってしまった時には⁉
iPhoneの充電問題、iPhoneが充電できなくなってしまうということは、何もしないでも減っていくバッテリーですから、継続的な使用が出来なくなるということ。一応充電口が使えなくなってしまったとしても、iPhone8から […]
2024-05-06