iPhone修理を赤坂でお探しの方なら
スマップル赤坂店

スマップルは業界最安値に挑戦中!!
赤坂店03-6441-3885
営業時間11:00 ~ 20:00
iPhone修理を赤坂でお探しなら、赤坂駅より徒歩1分のスマップル赤坂店へ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理 東京都 スマップル赤坂店

iPhoneのバッテリーって充電しすぎたらだめ?

iPhoneの動力源は”リチウムイオンバッテリー”といいますが、当店にご来店なさるお客様方の多くはリチウムイオンバッテリーのことを認知していらっしゃいます。電池といえばアルカリ、マンガン、リチウム、なんて具合でしょうか。

ただし、リチウムイオンバッテリーがアルカリ乾電池などとは違うということはなんとなく理解できても、ニッケル水素乾電池のように繰り返し充電ができるポイントが同じものが現れると、何がどう違うかまで説明できないと思います。リチウムイオンバッテリーの特性を理解すれば、「とにかく充電は満タンになる前に止めなきゃ」という噂を盲信せずに済みます。

 

充電し過ぎはNG?

充電のやりすぎはたしかによくありません。リチウムイオンバッテリーにとって過充電は電池の芯の部分の劣化を促進する作用があります。しかしこれにはメーカー側も対策を打っています

iPhoneを使用する習慣をiPhone自身に学習させ、充電を満タンにするタイミングを調整させているのです。「設定アプリ」から「バッテリー」の「バッテリーの状態」内に満タン充電のタイミングをずらすかどうかを決められるスイッチがあります。

バッテリー充電の最適化

何年も前から「いたわり充電」という充電方法があります。携帯側で基本機能としてオンになっていることが多いです。リチウムイオンバッテリーの過充電問題を和らげることが目的です。いたわり充電が究極の形をとれば、いまご紹介している「学習して満タンまで充電をストップする」という機能に行き着くでしょう。規則正しい生活をすればiPhoneも健康を維持できるということです。

 

リチウムイオンバッテリーは危険?

過去にスマホのバッテリーは発火するとか爆発すると恐れられた事故がありました。リチウムイオンバッテリーが反応しすぎるような条件はぱっと思いつくだけでみっつあります。

・急激な圧力が加わる

・高温にさらされる

・金属で刺す

急激な圧力が加わると、発煙、発熱、赤熱反応を起こすことがあります。例えばバッテリーをグッと曲げたりしたときです。

高温にさらされたときも変形や破裂などの危険があります。過去に起きたスマホ爆発はロジックボードの発熱とバッテリーの発熱が合わさって起こってしまったのではなかろうかと推測しています。

金属で刺された場合もリチウムイオンバッテリーは発煙します。バッテリー交換作業は細心の注意を払って行われています。

 

電池に回路がついている

リチウムイオンバッテリーは普通の乾電池と違い、回路がくっついた状態がスタンダードです。充電回数や温度管理を行う回路がついていることがほとんどです。その他、設計されたときの最大容量や現在の最大容量を記録しています。
これらの回路によって、バッテリーが発熱することを防いだり、パワー不足の予期せぬシャットダウンからiPhoneのロジックボードを守ることに一役買っています。

 

PSEマーク

iPhoneのバッテリーを日本国内で製造・販売するには電気用品安全法によってPSEマークと事業者名、定格容量&定格電圧の記載が義務付けられています。

PSEマークはProduct+Safety+Electrical appliance & materialsの略です。電化製品の安全を示すマークなので、最近の製品でPSEマークがついていないものは基本的にありません。もしもついていない製品があればよっぽどレトロな電化製品か、製造販売の許認可を得られなかった掟破りの製品ということになります。

 

まとめ

リチウムイオンバッテリーを充電しすぎるのはNGですが、いたわり充電やタイミングずらし充電の機能のおかげで「過充電」という現象は起こりづらくなっています。あまりこだわりすぎてストレスになってはいけませんので、気づいたときに充電器を外してあげるくらいで問題ないですよ。

カテゴリ:お役立ち情報投稿日:2021年11月28日

お問い合わせスマップルへの修理予約&お問い合わせ

iPhone修理は スマップル赤坂店 へ!
スマップルは、総務省登録修理業者登録申請済みです。現在登録番号発番中にて、HPを随時更新致しますので安心してお問い合わせ下さい。
店舗名スマップル赤坂店
営業時間11:00 ~ 20:00
TEL03-6441-3885
住所〒107-0052
東京都港区赤坂6丁目3番19号
オリオンビル1階
スマップル赤坂店への道順

お知らせ

年末年始の営業時間についてのご案内
2021年も多くの皆様のご来店誠にありがとう御座いました。 皆様のiPhoneライフが快適になるように今後も頑張らせて頂きます。 年末年始の営業日は以下のとおりとなります。   年内最終営業日:2021年12月30日(木)20時まで 新年営業開始日:2022年1月3日(月)11時から &n  ...
2021-12-30

修理ブログ

あるある修理、iPhoneやiPadで充電器の先が折れた!?
充電器の端子折れ、実は結構あるあるな故障となります。 充電中に落としてしまったことで発生するこの故障、充電器の先が中に残ってしまった状態で折れてしまうのです。 折れてしまった場合、中に残る端子の先は主に3つのパターンが存在します。 ・iPhoneが引っ掛かる凹みの所で割れてしまい、コの字型に外側の銀  ...
2022-01-19
iPhoneの防水はいつまで効果があるの?
iPhone7以降のiPhoneシリーズは耐水性能を持っています。ユーチューブなどには購入したiPhoneをお風呂に入れて防水能力を検証する動画もアップロードされています。 それでも、iPhone修理店であるスマップル赤坂店には水没復旧の依頼が絶えません。世間では防水携帯と言われているiPhoneが  ...
2022-01-16
iPhoneのバッテリーが膨らむ!?放っておくと、画面に縦線が出たりの表示異常も!?
iPhoneのバッテリーが膨らむ!? iPhoneのバッテリーが膨らむ原因は衝撃や劣化など様々です。 そのまま放っておくと、画面を割ってしまう程にも膨らんでしまうこともあります。 iPhoneのバッテリー交換はスマップル赤坂店で承っております! お気軽にご相談くださいませ。   iPhon  ...
2022-01-13
画面に縦の筋が出たときの直し方と原因
iPhoneに謎の縦の筋<スジ>が現れて驚いていませんか? 特に記憶にないのに、気づいたら液晶に黒や緑の縦線が走ることがあります。今回は画面に走る縦線の原因と修理について解説します。 目次1 画面の縦線2 画面の線の原因3 画面の線の修理 画面の縦線 画面に縦の線が現れるのはそう珍しいことではありま  ...
2022-01-10
スマートフォンのカメラの多様性、iPhoneのカメラ修理で直して使おう。
スマートフォンの中でもとりわけ差別化と性能向上に力を入れているというのが「カメラ」になるのではないでしょうか。 その使用は各社異なり、とても便利なものから尖り過ぎた仕様の物まで様々なカメラが存在しますね。 iPhoneのカメラは昔は2つしかありませんでした。 インカメラとアウトカメラ、この2つは今も  ...
2022-01-09

お役立ち情報

iPhoneの機種変更をするとSuicaは引き継ぎができないって本当?
iPhoneの機種変更って不安がつきものですよね。そんなにしょっちゅうデータの移し替えをするわけでも無いし、やり方は調べれば書いてある記事には出会うけど、読むのと実際にデータ移行を行うのとではまったく別の話です。 iPhoneの機種変更に伴うデータ移行の際、交通系ICカードのSuicaが引き継げるか  ...
2022-01-23
iPhone修理スマップル赤坂はどこにある?赤坂駅のすぐ近く!
  iPhone修理専門店スマップル赤坂店です!   当店は【千代田線赤坂駅】の近くにあります! [銀座線赤坂見附駅]とは違いますのでご注意ください!   目次1 赤坂駅の直ぐそば2 赤坂見附駅からのルート3 とても便利なアクセス案内ページ 赤坂駅の直ぐそば 千代田線赤  ...
2022-01-21
どうしてiPhone修理にパスワードが必要なの?
iPhone修理にパスワードが必要なのは、どの修理屋さんでも同じことだと思います。パスワードが必要なくても、パスワードを無しの設定にした上で依頼を受けたり、パスワードを知っている人が同伴しないと修理が出来ないというパターンもあります。 どうして修理店ではパスワードが必要なのでしょうか。また、パスワー  ...
2022-01-18
iPhone14Proのデザインが変わる!?ノッチ部がさらに小さくなる??
iPhoneXからホームボタンが廃止されたデザインとなりましたが、iPhone上部にはノッチ部という凹型のへこんだ部分があり、そこには何も映らないところになります。 ノッチ部が邪魔で見えづらいと思ったことはないのですが、なくなってくれたのならいいなと思ったことはありますね。 各アプリでもノッチ部の下  ...
2022-01-14
どんなにバキバキに割れたiPhoneでも直してみせます!
iPhoneの画面がとんでもなくバキバキに割れてしまったら「もう買い換えなきゃいけないかも」と思ってしまう方がいると聞きました。でも大丈夫です。確かに一昔前はケータイが壊れる=買い換えるだったかもしれませんが、今では修理して使うという方法が一般的になってきています。 iPhoneひとつで10万円以上  ...
2022-01-06
ページのトップへ移動